WordPress

Google XML Sitemapsの設定方法!クローラー用サイトマップの作り方

WordPressブログを運営していく上でいくつか必要とされるプラグインがあります。

その中のひとつが、サイトマップを自動生成する『Google XML Sitemaps』というプラグインです。

今回は、『Google XML Sitemaps』の説明をした上で、設定方法についてお伝えします。

サイトマップって一体何なの?

プラグインの説明をする前に、「サイトマップ」について簡単にお伝えしますね。

サイトマップとは、文字通り「ウェブサイトの地図」です。

サイトマップと言っても、実は対人間用のものと、Googleクローラー用の2種類あり、『Google XML Sitemaps』は後者のためのサイトマップを自動生成してくれます。

 

ザックリとお伝えすると、XMLサイトマップを生成することで、Googleのクローラーというサイトを巡回しているAIに対してサイトを訪問してもらう頻度を的確に設定するようなイメージですね。

通常、ブログ記事を公開するだけでは、Googleの検索順位に反映されるまでに時間がかかります。

そこで、XMLサイトマップを作ることで、訪問頻度を設定し検索順位反映までの時間を短縮できるというわけですね。

 

ちなみに、対人用のサイトマップは、HTMLサイトマップと呼ばれます。

こちらはこちらで、訪問者に対してサイトのどのような情報があるのかを分かりやすく伝える意味があります。

ですので、対人用のサイトマップも作成しましょう!

こちらは、『ps auto sitemap』というプラグインで簡単に作成できます。

記事の下にもリンクを掲載しておきますので、『Google XML Sitemaps』を設定した後にそちらもちぇっくしてみてくださいね。

Google XML Sitemapsが不要って本当?

情報収集をしていると『Google XML Sitemapsは不要である』という記事を見かけました。

主な主張は、『SEO対策としてマイナス効果が出る場合はある』とのこと。

そこで、Google自体はサイトマップについてどのような見解を持っているのかを調べました。

次の場合にサイトマップが必要になることがあります。

  • サイトのサイズが非常に大きい。その場合、新しいページや更新されたばかりのページの一部が Google のウェブクローラによるクロール対象から漏れることがあります。
  • サイトにどこからもリンクされていない、または適切にリンクされていないコンテンツ ページのアーカイブが大量にある。サイトのページがうまく相互に参照されていない場合でも、サイトマップに含めることで Google がページの一部を見落とさないようにできます。
  • サイトが新しく、外部からのリンクが少ない。Googlebot などのウェブクローラは、ページからページヘリンクをたどることによってウェブをクロールします。そのため、他のサイトからのリンクがないページは Google のクローラに検出されないことがあります。
  • サイトに動画や画像などのリッチメディア コンテンツが多数含まれている、またはサイトが Google ニュースに表示されている。サイトマップがあれば、状況に応じて Google 検索でサイトマップからの追加情報が考慮されます。

次の場合は、サイトマップは必要ありません。

  • サイトのサイズが「小さい」。サイトのページ数がおよそ 500 ページ以下の場合にサイズが小さいと考えます。検索結果に表示する必要のあるページのみをこの合計ページ数に加算します。
  • Blogger や Wix のようなシンプルなサイト ホスティング サービスを利用している。フォーマット済みのページやナビゲーション要素でサイトをすばやく設定できるサービスを利用している場合は、自動的にサイトマップが作成されますので対応は必要ありません。利用しているサービスのドキュメントで「サイトマップ」という単語を検索し、サイトマップが自動的に生成されるかどうかを確認します。または、自分でサイトマップを作成することが推奨されていないか確認します(その場合は、お使いのホスティング サービスでのサイトマップ作成方法を確認します)。
  • サイトはサイト内で完全にリンクされている。Google がホームページからリンクをたどって、サイト内の重要なページをすべて見つけられることを意味しています。
  • インデックスに表示する必要のあるメディア ファイル (動画、画像)またはニュースページが多くない。サイト内の動画ファイルや画像ファイル、ニュース記事を Google 検索結果に表示したい場合、サイトマップがあると Google がそれらを探して理解するうえで役立ちます。画像、動画、ニュースの検索結果に表示する必要がない場合、サイトマップは必要ありません。

出典:https://developers.google.com/search/docs/advanced/sitemaps/overview?hl=ja&visit_id=637465811834913278-2939079620&rd=1

気になるところにマーカーを引きました。

  • サイトマップが必要になることがある⇨サイトが新しく外部からのリンクが少ない
  • サイトマップは必要ない⇨サイトのサイズが「小さい」(500ページ以下)

これ相反してるような気がするのはワタシだけでしょうか?

規模が小さければ特に必要ないとも思いますが、ほとんどのサイト情報では「不要」ではなく「必要」と捉えている人が多いようです。

 

ワタシ自身、最初からずーっと『Google XML Sitemaps』を使っています。

それでも検索上位には何十記事も入っていますし、それほど大きくSEO対策を左右することでもないんだろうなと。

ということでワタシとしては2021年現在、導入する派に属しています(笑)

Google XML Sitemapsの設定方法【動画広義】

プラグインの検索用でお使いください↓

Google XML Sitemaps

XMLサイトマップのURLをメモして、Search Consoleを開きます。

「送信」を押して、下の「送信されたサイトマップ」が「成功しました」と表示されたら完了です!

お疲れさまでした!

 

『ps auto sitemap』プラグイン設定方法の記事はこちらから。

PS auto sitemapの設定や表示されない原因と解決方法!サイトマップ自動作成のプラグイン『PS auto sitemap』の設定方法を動画でお伝えします。そして、「表示されない!?」とお困りの方に原因と解決方法と「PS auto sitemapいらない」説についても解説していきますね。...

 

アフィリエイト初心者が月収10万円を毎月稼ぐための教科書を無料でプレゼント!
ワードプレスの立ち上げ方〜売れる文章の書き方までを30本以上のコンテンツにまとめた教科書を期間限定で無料でプレゼント。 今なら特典として「誰でも確実に3万円稼げるノウハウ」をまとめた動画もお渡ししています。
※とりあえず無料で受け取る場合はコチラ をクリック↓